ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

運動は20分以上でなく「こま切れ」でもOK

「運動は20分以上続けないとやせない」はホントでしょうか? じつはこれ「ウソ」です。数分の有酸素運動をこま切れで行っても、脂肪は燃やせるのです。3月5日放送『駆け込みドクター!』の「解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
diet06

たしかに「有酸素運動」を行うと最初は「脂肪」より「糖分」が多く使われます。だいたい「20分を超える」と脂肪のほうが優先的に使われるようになるのです。おそらく、このことが誤解をされて、20分以上続けないと意味がない…となったと考えられます。

実際は5分でも10分でもOK。しかも激しい運動よりもゆるい運動のほうが脂肪を燃焼しやすいのです。たとえば、時速4~5kmの「スロージョギング」が効率よく脂肪を燃焼させるといわれています。

こま切れの運動だと「汗」が出ないことも気になります。しかし、脂肪が燃えることと「汗」には何の関係もありません。水分が出て行くただの「脱水」でしかなく、脂肪は燃えていないのです。

■3月5日放送『駆け込みドクター!』
【解決!ダイエットの7つのウソ!?ホント!?】
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
基礎代謝の10%は「食べること」が貢献する
「1日3食を守らないと太る」はウソだった!!
「早食いは太る」はホント!その対策とは?
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵

■「ダイエット」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事