ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

赤ちゃんの斜視はずれる目の視力が発達しにくい

斜視とは、両目の視線が同じ向きにならない状態のこと。赤ちゃんの約3%に見られる症状です。斜視には生まれつきのものと、目や脳の病気からおこるものなどがあります。赤ちゃんの斜視は自然に治る場合もありますが、外斜視の赤ちゃんは3人に1人の割合で手術で治すことになるのです。



スポンサーリンク
赤ちゃんの斜視はずれる目の視力が発達しにくい

赤ちゃんの斜視は発達しにくくなる

斜視には片方の目が内側を向く内斜視や、外側を向く外斜視のほか、上下方向の斜視もあります。赤ちゃんの斜視でも交互に目がずれる場合は、視力の発達にあまり影響しません。

しかし、片方の目だけがずれる場合は、ずれる側の目の視力が発達しにくくなります。また、生まれつき目の位置がずれている赤ちゃんは、両目を同時に使う機能が発達しないことがあるのです。

斜視は自然に治る場合もありますが、まず近くの眼科専門医を受診したほうが無難。斜視専門の病院の受診が必要になることもあります。

赤ちゃんの斜視はケースバイケース

斜視の治療はケースバイケース。遠視が強い場合や左右の目の視力が違う場合は、視力を矯正する眼鏡をかければ斜視が治ることもあります。軽い斜視は、光を屈折させて見えやすくするプリズム眼鏡で治すことができます。

このほか斜視の治療には、目薬を使って焦点の調節機能を弱めて、目の位置を治す方法も存在。ただし、目が大きくずれていたり眼鏡などで改善しなかったりした場合は、手術が必要になります。

斜視の手術は、目の外側の筋肉をずらしたり短くしたりして、筋肉の動きを調節するというもの。手術になるのは外斜視の赤ちゃんの3人に1人ぐらいの割合です。公的な医療保険が使えます。

■「赤ちゃん」おすすめ記事
子供の糖尿病が増えているのは偏った食事が原因
寝不足が肥満の原因になる!?しかも子どもが危険
過剰歯の割合は子ども100人に対して1人程度
乳幼児にがんの危機「三次喫煙」って何だ?
幼児教育で天才脳を作るなら8歳までの外遊び
先天性耳瘻孔は何歳までに手術をするべきか
赤ちゃんのインフルエンザを予防する方法とは?
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はどうする?

■「斜視」おすすめ記事
肩こりの原因は日本人2人に1人「隠れ斜視」かも

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事