ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹式呼吸の効果で腰痛が予防できるメカニズム

腰痛になりやすい人は腰痛になったことがない人に比べて、お腹をふくらませる力が40%も弱いことがわかりました。空気を大きく吸い込むとお腹がふくらみます。じつはこれ腹式呼吸。腹式呼吸の効果で腰痛が予防できるメカニズムを見ていきます。『駆け込みドクター』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腹式呼吸の効果で腰痛が予防できるメカニズム

腹式呼吸の効果を腹圧は高める

お腹をふくらませる力が腹圧です。腹圧は体の芯を安定させて体のバランスを保ちます。このため、腹圧が弱いと腰への負担が増えてしまうのです。

そんな腹圧を高めるのが腹式呼吸。腹式呼吸とはお腹をふくらませたり、へこませたりしながら息を吸ったり吐いたりする呼吸法です。この腹式呼吸の効果で、腹圧を高めることができます。

すなわち、腰痛を予防するには腹圧を高めることがポイント。そして、腹式呼吸の効果で腹圧は高めることが可能なのです。

腹式呼吸の効果は横隔膜の上下

腹式呼吸は鼻からゆっくり息を吸い込み、口から吐きます。お腹に手を当てて、動いているか、腹式呼吸の効果を確認しながら20回ほど動かしましょう。

腹式呼吸で動かしているのは見た目上はお腹ですが、実際の効果は横隔膜を上下させることにあります。お腹をふくらませことで横隔膜は下がり、お腹をへこませることで横隔膜は上がるのです。

この横隔膜の上下が肺のスペースの変化させることが腹式呼吸の効果の真髄。横隔膜が下がって肺のスペースが広がると大きく息を吸い込めて、横隔膜が上がって肺のスペースが縮むと大きく息を吐きだせるのです。

■「腹式呼吸の効果」おすすめ記事
腹式呼吸の効果で便秘が解消するメカニズムとは
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは
免疫力を上げる「腹式呼吸」のトレーニング

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事