ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

クルクミンの効果でアルツハイマーを予防する

ウコンの成分クルクミンには、アルツハイマーを予防する効果があります。クルクミンの効果でアルツハイマーの進行を遅らせることができるのです。実際、インドで毎日ようにカレーを食べている地方ではアルツハイマーの患者が少ないのです。『林修の今でしょ!講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
クルクミンの効果でアルツハイマーを予防する

クルクミンがアルツハイマーに効果

アルツハイマーの進行を遅らせる秘密は、カレー粉の中に含まれているウコンにあります。ウコンの中に含まれる「クルクミン」という成分がアルツハイマーに効果を発揮するのです。

アルツハイマーは、脳の中に溜まったアミロイドβというタンパク質が神経細胞が攻撃することに原因があります。クルクミンの効果で、このアミロイドβが溜まる速度が抑えられるのです。

ウコンの中の成分であるクルクミンがたくさん入っているかどうかが、アルツハイマーの進行を遅らせられるかどうかのポイント。レトルトカレーやカレールーでは、カレー粉と比べてクルクミンの含有量は少ないのです。

クルクミンをカレーに追加する

一方で、クルクミンは黄色い粉として市販されています。アルツハイマー予防に、クルクミンをカレーに追加するとよいでしょう。

インドで毎日ようにカレーを食べている地方を調査したところ、実際にアルツハイマーの患者が少なかったことが報告されています。習慣的にカレーでクルクミンを摂ることがアルツハイマー予防になると期待されているのです。

アルツハイマー予防に期待されている食べ物はほかにもあります。青魚はオメガ3という脂肪酸に予防効果があるのです。オリーブオイルのオレイン酸、緑茶はカテキン、ワインはポリフェノールに予防効果が期待されています。

■「クルクミン」おすすめ記事
アルツハイマー予防にはカレーに含まれたウコン
ウコン効果は摂取しすぎると肝機能障害で台無し

■「アルツハイマー予防」おすすめ記事
アルツハイマー病を予防に効果のある食生活とは
アルツハイマーを予防する習慣と予防しない習慣
アルツハイマー予防の生活習慣チェックリスト

■「アルツハイマー」おすすめ記事
アルツハイマーは発症の20年前から進行中!?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
最新治療法でアルツハイマー病が半分に減る
アルツハイマー型認知症は初期症状で発見すべし
「物忘れ」と「アルツハイマー」の違いとは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。