ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

まぶたの腫れは胃がんの初期症状かもしれない

まぶたにかゆみを伴わない腫れが出たら、それは胃がんの初期症状かもしれません。アレルギー反応でおこるまぶたの腫れは、通常はかゆみを伴うもの。腫れに加えてまぶたに赤みが出ていたら、胃がんの初期症状であることが濃厚です。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
まぶたの腫れは胃がんの初期症状かもしれない

まぶたの腫れは胃がんの初期症状

胃がんの死亡者数は年間およそ5万人。は、肺がんに次いで、死亡者数が多いがんになります。胃がんは初期症状に自覚症状がないため、早期に気づくことが難しいがんです。

しかし、胃がんの初期症状のサインを覚えておけば、早期発見の手がかりになります。胃がんは早期発見できれば、体へのダメージをほとんど残さずに治療することができるのです。

そして、胃がんの初期症状のサインとなるのがまぶたの腫れ。左右のまぶたとも同じように赤くなって、腫れがあるのが特徴です。そして何よりも「かゆみがない」という特徴があります。

まぶたに腫れが現れる理由

まぶたの腫れがアレルギー反応でおこる場合、通常はかゆみを伴います。皮膚の表面にポツポツなどなどの異常もあるものです。

しかし、胃がんの初期症状によるまぶたの腫れは皮膚の奥で炎症がおきています。皮膚の表面にはポツポツなどの異常がなく、かゆみも生じないのです。まぶたにかゆみのない腫れや赤みが出ている人は、胃がんのほかに肺がんや乳がんなどを発症している可能性もあります。

メカニズムは解明されていませんが、免疫細胞にがん細胞が攻撃されると皮膚の細胞に似た構造に変化。がん細胞の変化によって、免疫細胞が正常な皮膚の細胞を誤って攻撃することになります。これが、とくに薄くて弱いまぶたに腫れが現れる理由なのでした。

■「まぶたの腫れ」おすすめ記事
胃がんの初期症状に「かゆくないまぶたの赤み」
まぶたの腫れは高脂血症のサインかもしれない

■「胃がん」おすすめ記事
玉ねぎの効能に胃がん予防!水にさらしちゃダメ

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。