ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肝嚢胞(かんのうほう)の多くは経過観察が基本

肝嚢胞(かんのうほう)とは、文字どおり肝臓にできる嚢胞です。嚢胞は、肝臓以外の臓器でも生じることがある良性腫瘍の一種。基本的にがんにはなりません。ただし、場合によっては肝嚢胞によって痛みが生じることも…。肝嚢胞はどのように治療するのでしょうか?



スポンサーリンク
肝嚢胞(かんのうほう)の多くは経過観察が基本

肝嚢胞の多くは経過観察

健康健診などで「水が入った袋ができていますね」と指摘されることがあるのが肝嚢胞。だいたい30人に1人の頻度で見つかり、肝嚢胞の大きさはさまざまです。

肝嚢胞は多くの場合、経過観察で問題ありません。嚢胞そのものに症状はありませんが、複数できる多発性肝嚢胞や、1か所でも巨大な嚢胞になると、お腹が圧迫されます。

こうなると、お腹が張った感じや痛みが生じることがあるため治療を検討。お腹が張り出して見た目が気になる場合、希望に応じて治療することもあります。

肝嚢胞の治療法はカテーテル

肝嚢胞の治療法は、お腹に針を刺してカテーテルで水を抜き、薬剤を注入して、嚢胞内の細胞が再び水を作らないようにするというもの。このほか、嚢胞につながっている血管を詰まらせて壊死させる方法もあります。

こうした内科的な治療であれば、数日で退院できるはず。その後は定期的に再発をチェックしますが、薬の服用などはとくにありません。嚢胞に穴を開ける手術や、肝切除などの外科的治療もありますが、重要な血管をふさぐような一部の重症例に限られます。

肝嚢胞は圧迫で痛みなどの症状が出ても、危険な状態になるわけではありません。肝嚢胞の症状を自覚してから主治医と相談し、治療するかどうかを含めて検討すればよいでしょう。

■「肝臓」おすすめ記事
肝臓の位置がわからないから肝臓がんが増加する
石川ひとみを襲ったB型肝炎は母子感染が原因
C型肝炎の治療は薬だけで8割以上が排除できる
B型肝炎の症状がなくても肝臓がんは発症する

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鳥越俊太郎「直腸がん」を見つけたきっかけ
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。