ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

目の下のクマを半永久的に治す「経結膜脱脂法」

施術時間20分で老け顔を脱出できる「目の下のクマ取り整形」を紹介しましょう。それが、目の下にある脂肪を除去する手術「経結膜脱脂法」です。目の下のふくらみが取れて、クマが改善されるという美容整形になります。『私の何がイケないの?』で紹介されていました。



スポンサーリンク
目の下のクマを半永久的に治す「経結膜脱脂法」

目の下のクマの注目の美容整形

美の大敵が目の下のクマ。おもに不規則な生活や老化によって出てきます。あるデータでは、目の下にクマが「ある女性」は「ない女性」よりも、なんと4.7歳も老けて見えるといいます。

そして、目の下のクマに悩む女性に注目の美容整形が「経結膜脱脂法」です。これは目の下にある脂肪を除去する手術。「炭酸ガスレーザー」を使って、目の下まぶたの内側の粘膜に小さな穴を開けます。

その穴から出てきた余分な脂肪を切除するのです。すると、目の下のふくらみが取れて、クマが改善されるといいます。そこで、目の下のクマに悩む女性の施術を見てみましょう。

目の下のクマの原因は3つある

目の下のクマの原因は大きく3つあります。1つめは目の下にある余分な脂肪で影ができる「影グマ」、2つめは下まぶたの皮膚が薄いために筋肉の色が透けて見える「紫グマ」、3つめはメラニン色素が沈着して茶色く見える「茶グマ」です。この女性は「影グマ」と「紫グマ」の症状を持っているため、目の下のクマが目立ちやすいといいます。

さっそく手術開始。レーザーで穴を開けて、ピンセットで余分な脂肪を取り出します。同じように反対の目も行います。この手術で、彼女の目の下からはコメ粒大の脂肪が6つ取れました。そして、20分で手術は終了です。

はたして、悩んでいた目元のクマはなくなったのでしょうか? 手術後の目元を見ると、疲れていたように見えていた目元がスッキリして、若々しい印象に。斜め横から見てみると、悩みだったぷっくりとした目元がスマートになりました。気になる費用は「25万円」。効果は半永久的に続きます。

■「美容整形」おすすめ記事
シックスパックが簡単に手に入る腹筋整形とは?
お腹の脂肪をメスなしで除去する世界初の方法
メソセラピー育毛はレーザーで毛根を刺激する
首のしわが注射1本で取れる炭酸メソセラピー
ほくろはレーザー治療でも再発する理由とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。