ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

みんなの家庭の医学

骨粗鬆症予防にカルシウムだけ摂るのは大間違い
骨粗鬆症予防といえば骨の材料となるカルシウム摂取をイメージする人が多いでしょう。しかし、骨粗鬆症の予防にカルシウムだけ摂っていればよいというのは大間違い。カルシウムだけ摂っていも骨粗鬆症になる[…続きを読む]
熱を下げる方法はおへその下の大動脈を冷やす
熱を下げる方法の間違えで多いのが、氷枕や冷えピタなどで頭を冷やすこと。一般的におでこや後頭部を冷やすのは脳の温度を下げるのが目的になります。熱を下げる方法とは根本的に違っているのです。正しく熱[…続きを読む]
マラセチア毛包炎は「高温・多湿・不潔」で増殖
マラセチア毛包炎はある条件が揃うと異常繁殖するのです。「高温・多湿・不潔」という3つの悪条件が重なると増殖します。というのも、マラセチアは皮膚温度34度以上、湿度95%以上で増殖を開始するから[…続きを読む]
1週間で効果が出た夜間頻尿を改善する方法とは
夜におしっこがしたくて目が覚める夜間頻尿。夜間頻尿とは、睡眠中に排尿で1回以上目が覚めてしまうことを言います。夜間頻尿に悩む人の数は882万人。いまや国民病といっても過言ではないのが夜間頻尿を[…続きを読む]
マスクを忘れてもできるインフルエンザの予防法
インフルエンザの流行時期はなるべく人ごみは歩きたくないもの。とくにマスクを忘れたときなどは、インフルエンザに感染しないか心配で仕方ないでしょう。そこで、マスクを忘れてもできるインフルエンザの予[…続きを読む]
メタボの基準を腹囲だけで判定するのは大間違い
厚生労働省の定めているメタボの診断基準では、男性はおへそまわりが85cm以上、女性は90㎝以上となっています。しかし、どんな身長の人にも当てはまるのかははなはだ疑問。じつはいま、医療の現場では[…続きを読む]
副腎疲労を回復する「塩ゆず」の効果を検証した
副腎は「体内の巨大工場」ともいわれる重要な臓器。なかでも強力な抗酸化作用で疲労物質を除去するDHEAは、副腎が疲労する分泌されなくなるため、疲れが抜けにくくなります。そんな副腎疲労の回復に効果[…続きを読む]
インフルエンザ感染を防ぐ水分補給と腹式呼吸
インフルエンザ感染を防ぐなら、NK細胞を活性化して免疫力をアップするのが効果的。じつは最新の研究で、NK細胞を活性化する方法が見つかったのです。インフルエンザ感染を防ぐ水分補給と腹式呼吸につい[…続きを読む]
インフルエンザに感染する人としない人の違い
インフルエンザウイルスの感染に対抗するのがナチュラルキラー細胞。通称、NK細胞です。NK細胞とはリンパ球の一種で、体の中に入ってくるインフルエンザウイルスを殺す細胞。インフルエンザ感染から私た[…続きを読む]
インフルエンザの潜伏期間が短い理由は増殖速度
インフルエンザの恐ろしさを専門家は、ウイルスが人間の細胞を乗っ取ると表現します。インフルエンザの潜伏期間が短いのは、それだけウイルスの増殖が速いということ。インフルエンザウイルスの潜伏期間にウ[…続きを読む]

古い記事