ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

みんなの家庭の医学

過眠症かをチェックして診断確定するまでの流れ
23歳の女性は、中学校のときから日中に睡魔に襲われるという症状に悩んでいます。大事な会議でも意識が飛ぶなど、業務にも支障が出るほどです。女性が受けるチェックが1泊の睡眠検査。検査によって過眠症[…続きを読む]
睡眠時無呼吸症候群を1泊の睡眠検査で診断する
いびきが大きいことで悩んでいる54歳の男性。朝の目覚めが悪いといいます。まずはその原因を探るべく1泊の睡眠検査です。開始から1時間、男性はまったく寝付けない様子。睡眠導入剤で何とか眠ると、豪快[…続きを読む]
回転性のめまいを病院に行かずに自分で治す方法
めまいには「グルグル型・フワフワ型・クラクラ型」の3種類があります。このうち、グルグル型が回転性のめまいと呼ばれるもの。目の前がグルグル回るようなめまいです。めまいの半数以上は回転性といわれて[…続きを読む]
小学生も突然死する原因・キラーストレスとは?
キラーストレスとは、1つ1つは小さなストレスでもそれが溜まることで爆発するもの。突然死をおこす原因になります。最近、イライラしたり眠れないという人はキラーストレスの初期症状かもしれません。キラ[…続きを読む]
冷え性が原因で脳梗塞がおこるメカニズムとは?
冷え性が原因で恐ろしい経験をした人の事例を見てみましょう。20年以上、冷え性に悩んできた74歳の女性です。血圧には人一倍気を使っていたという女性の数値は、ほぼ正常範囲内でした。血圧を気にして味[…続きを読む]
冷え性対策「血管のばし」3週間で見事に改善
冷え性対策には「血管のばし」が効果的です。血管を伸ばすとその刺激で、血管を柔らかくする物質が放出。それが血管を広げて血流をアップさせてくれるからです。実際、3週間の冷え性対策で見事に手足がポカ[…続きを読む]
軽度認知障害を予防するコグニサイズのやり方
「MCI」とは軽度の認知障害のこと。軽度認知障害の状態で何の対策もせずに放置すると、4年以内に約半数が認知症になる可能性があるという報告もあります。そこで、軽度認知障害を簡単にチェックする方法[…続きを読む]
軽度認知障害が認知症の予防法で改善した症例
軽度ながら認知障害があると診断された山本朋史さん(65歳)。山本さんは最新の予防法を実践することで、実際に認知症の進行を食い止めています。むしろ、記憶や注意力のテストの点数は改善しているほど。[…続きを読む]
腰痛の改善に半身浴より全身浴のほうが効く理由
腰痛の改善には全身浴と半身浴のどちらがよいでしょう? じつは半身浴より全身浴のほうが腰痛の改善には効果があります。また、腰痛の改善には腰をひねる運動よりもひざの屈伸運動のほうが効果的です。その[…続きを読む]
血液検査で尿酸値が高いときに疑うべき原因とは
血液検査で尿酸値が高いというと、プリン体が多い食べ物を原因と考えがち。実際にプリン体が多い食べ物とは、あん肝や白子、レバーやカキ、ビールにイワシ、イカ、エビ、ウニ、かつおなどになります。しかし[…続きを読む]

古い記事