ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

葬儀・相続の手続き

日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」の最新結果がまとまりました。費用の全国平均額は188万9,000円と前回の2010年より11万円減少し、葬儀のコンパクト化が進んでいることを示し[…続きを読む]
カンニング竹山さんは、実際に「13億円」もの「遺産相続トラブル」に巻き込まれた当事者。そして、それによって親族の人間関係が崩れてしまったといいます。それはどんなトラブルだったのでしょう? 2月[…続きを読む]
親の借金を早く返したい…その思いが仇となり、借金3,000万円の「相続放棄」が受けられなかった男性がします。しかし、この男性を襲った悲劇はこれだけでありません。さらなる借金で、家と土地を失って[…続きを読む]
「遺産相続トラブル」でもめてしまった50代の男性。「遺産相続に関する知識がまったくなかった」と反省する日々。「相続放棄」という制度を知っていれば、3,000万円もの借金の返済から免れていたので[…続きを読む]
近年、親の死後に葬儀などをめぐるトラブルが増加しています。なかでも多いのが「遺産相続トラブル」です。そんな「遺産相続」のニュースで損する人は、東尾理子さんだとか!? 2月6日放送『あのニュース[…続きを読む]
いまは母子家庭などに限られている「遺族年金」の支給対象を、2014年4月から父子家庭にも広げる制度改正の関係政令を政府が閣議決定しました。厚生労働省は当初、会社員らに扶養される配偶者が亡くなっ[…続きを読む]
被相続人が亡くなると、相続人が確定するまで銀行預金は凍結されてしまいます。しかし、葬儀費用などはすぐに発生するため現金が必要に…。とはいえふだんから自宅に多額の現金を置くこともおすすめできませ[…続きを読む]
「貯金は好き?」と聞かれたとき、答えは「好き」、それとも「興味なし」ですか? これで「精神疾患の病気になりにくい人かどうか」診断ができるのです。 「経済」というのは生き物のような[…続きを読む]
亡くなった人のうち、財産が規定額を超えて相続税の課税対象になる人は年間5万人程度。財産の構成比を見ると土地が約5割ともっとも多く、現金・預貯金などが25%程度、有価証券が12~13%です。 […続きを読む]
夫婦なら夫が稼いだお金は夫婦2人のもの…そう考える人は多いはず。しかし、相続の世界でそれは通用しません。夫婦それぞれが稼いだお金はそれぞれのものという「夫婦別財産」の考え方が基本だからです。こ[…続きを読む]

古い記事 新しい記事