ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

葬儀・相続の手続き

お墓参りで撮影しても心霊写真にならない理由
お墓参りのついでに家族で集合写真…というとき、ふとお墓で写真を撮ってよいものかどうか気になってりしませんか? じつはお墓で写真を撮ってもご先祖さまが写り込んでしまう心配はありません。お墓には幽[…続きを読む]
お墓参りのお供え物は封を開けるのがマナー
命日やお盆やお彼岸に「お墓参り」をするのは日本の古くからの習慣です。そのお墓参りで「お供え物」をするとき、封を開けたほうがよいのでしょうか? そのほかにもお供えに避けたほうがよい花など、お墓参[…続きを読む]
「遺言書」があったのに1億円の遺産を損した人がいます。それは、無理やり書かされた遺言書でも、それを取り消すのは困難を極めるのです。さっそくその事例を見てみましょう。4月3日放送『あのニュースで[…続きを読む]
知らないと損するのが「お墓購入の落とし穴」です。建てたばかりのお墓を建て直ししなければならなくなった「墓石詐欺」の実例を見てみましょう。3月6日放送『あのニュースで得する人損する人』で紹介され[…続きを読む]
「お墓」は生前に購入しておくと「相続税がかからない」のでお得です。相続税対策のため、生前にお墓を購入する人は多いといいます。そんななか問題になっているのが、お墓購入をめぐる悪徳業者とのトラブル[…続きを読む]
近年増加する「遺産相続トラブル」。家庭裁判所の調査によると、ここ10年で遺産相続の相談件数はおよそ「2倍」の「174,494件」といいます。実際に遺産相続トラブルで、隠し子の「養育費」を請求さ[…続きを読む]
「遺産相続トラブル」で、隠し子発覚で「養育費」の請求は拒んだものの、結局は1,500万円損した実例を見てみましょう。2月27日放送『あのニュースで得する人損する人』で紹介されていました。 […続きを読む]
「お墓」を「建てる」べきか「合葬」「散骨」すべきか…なかなか難しい選択です。お墓をどうするかを考えるときはまず「後々の管理をする人がいるかどうか」を考えるとよいでしょう。 お墓は[…続きを読む]
多様化している「お墓」のスタイルですが、現状はどのようになっているのでしょう? 「全国優良石材店の会」の2013年の調査では、墓石の購入金額は平均168万円。建てた墓の形は「和型」が42%、「[…続きを読む]
一口に「お墓」といっても、その形態はさまざまです。家や個人の一般的なお墓だけでなく「永代供養墓」や「樹木葬墓地」「納骨堂」など、その形はいろいろ。「散骨」も行われています。死後の価値観も多様化[…続きを読む]

古い記事