ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

夜間頻尿の原因は心臓の機能低下かもしれない

40歳以上の女性の半数が悩んでいるという、頻尿や尿漏れなどの尿トラブル。なかでも、昼間は大丈夫なのに夜だけ尿が頻回になる夜間頻尿は、心臓の機能低下に原因があるかもしれません。『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
夜間頻尿の原因は心臓の機能低下

夜間頻尿の原因は心臓の機能低下

心臓は、酸素を含んだ血液や栄養を全身に送り出すポンプの働きをしています。ポンプの働きが低下して、全身に血液を十分に送り出すことができなくなった状態が心不全。簡単にいえば心不全とは、心臓が弱った状態のことです。

一方で尿は、腎臓で生産される液体状の排泄物。血液中の水分や不要物、老廃物から構成されています。ここで心臓のポンプ機能が正常ならば、立っていても腎臓に十分な血液が流れ込みます。

しかし、心不全でポンプ機能が低下すると腎臓の血流が減少。日中に下半身に水分が溜まってしまいます。こうして溜まった水分は、夜に横になると血液の中に戻って心臓まで回遊。腎臓への血流も増加して、体がどんどん尿を生成します。こうして心臓の機能低下が夜間頻尿の原因になるわけです。

夜間頻尿の解消にお風呂が効果的

なお、加齢とともに足に余計な水分が溜まりやすくなる傾向もあります。この場合も、昼間に溜まっていた余計な水分が寝ている間に血流として心臓へ戻って夜間頻尿になることもあるのです。

この場合の夜間頻尿の解消には、お風呂が効果的。湯船に体を浸けると水圧によって足に溜まっていた水分が心臓へ戻りやすくなるからです。

余分な水分が尿として外に出されるには2~3時間かかります。このため、就寝4時間くらい前までに入浴して湯船に浸かれば、足に溜まった水分を寝る前に尿として出すことが可能。夜間頻尿を解消できます。

■「夜間頻尿」おすすめ記事
就寝4時間前の入浴で「夜間頻尿」が改善!
治らない頻尿・尿漏れは「隠れ脳梗塞」が原因だった

■「尿」に関するおすすめ記事
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
イスに座って骨盤底筋を鍛えれば尿漏れ改善
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事