ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

介護福祉士とホームヘルパーって何が違う?

「介護福祉士」は、ケアワーカーの国家資格。「社会福祉士」「精神保健福祉士」と並ぶ、福祉の国家資格の1つです。「社会福祉士」は英語で「ソーシャルワーカー」となりますが、「介護福祉士」は和製英語で「ケアワーカー」と呼ばれています。



スポンサーリンク
care8

「介護福祉士」のおもな仕事内容は「食事介助」や「着脱交換」「入浴介助」「排泄介助」「口腔ケア」など。このほか、利用者との「コミュニケーション」「レクリエーション」などがあります。

活動場所は特別養護老人ホームや病院、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、そのほかの社会福祉施設があります。在宅生活する要介護者の自宅へ通ってサービスする「訪問介護員(ホームヘルパー)」にも介護福祉士資格は有用です。

ちなみに、ホームヘルパーは講習を受け修了した者に与えられる認定であって、国家資格ではありません。都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」の課程を修了した人のことをいいます。講習課程には1級と2級があります。ホームヘルパーは訪問介護、夜間対応型訪問介護、定期巡回随時型訪問介護看護に従事する際の必須資格であり、そのほかの介護保険法上の介護サービスに従事する場合は所有している必要はありません。

また、「ケアマネージャー」と呼ばれる「介護支援専門員」は、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「介護支援専門員実務研修」の全日程を休まず全て受講したうえで、レポートを提出して取得します。介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、ほかの介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる役目を担います。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事